正当な賠償額を得るために

任意保険会社の計算書後遺障害が認定されますと、通常、加害者の任意保険会社が損害賠償額を見積もって、左のような計算書を送ってきます。

各社によって名前は異なりますが、「損害賠償金提示のご案内」「損害賠償額計算書」「損害賠償額の内容」などと書かれています。

もちろん内容はきちんと確認してほしいのですが、ここで特に注目していただきたいのは、「後遺症(後遺障害)」の提示額です。

認定内容によって異なりますが、特に「むち打ち(頚椎捻挫)」や「腰椎捻挫」で後遺障害14級が認定された方の場合、ほとんどが75万円、あるいは75万円に限りなく近い金額となっています。

75万円は、自賠責保険後遺障害14級の保険金額と同額です。
詳細は省きますが、任意保険会社は、自賠責保険より後遺障害14級保険金75万円を回収することができます。このため、「後遺症(後遺障害)」の支払いを75万円に抑えることで、自社からの出費を抑えることができるのです。

正当な賠償額

それでは、弁護士が裁判の際に参考とする基準(いわゆる「弁護士基準」)で積算するとどのくらいになるのでしょうか?

<例> 年収350万円:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)が認定

任意保険会社の提示額とかなりの差がありますね。
この「弁護士基準」で解決するにはどうすれば良いでしょうか?

一つは裁判をすること。特に死亡や重度後遺障害の場合は、弁護士による裁判をおすすめしています。

もう一つは(財)交通事故紛争処理センターを利用することです。紛争処理センターは無料で利用できながら、さまざまなメリットがあります。

特に後遺障害14級の方には、紛争処理センターの利用をおすすめしています。
交通事故の解決方法として、検討されてみてはいかがでしょうか?

このホームページには、紛争処理センターのメリット・デメリット・ポイントなどを載せていますので、併せてご覧ください。

当事務所ではこのようなご相談もお受けしています。
初回ご相談は無料ですので、まずはお電話でご相談ください。
少しでもあなたのお役に立てば幸いです。


交通事故専門の行政書士が無料でお答えします

Copyright (C)2013 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved