認定結果の異議申し立て

後遺障害申請手続きをしても、認定されなかった場合、または認定された等級に不服がある場合には、後遺障害の異議申し立てをすることができます。

認定結果の異議申し立て

後遺障害等級によって、賠償額は、大きく異なります。
たとえば、「ムチ打ち(頚椎捻挫)」の後遺症であっても、後遺障害が認定されるか、認定されないか、また14級と認定されるか、12級と認定されるかで、賠償額が100万円以上も違ってきます。

こちらの表をご覧ください。

後遺障害が認定されなかった場合、14級に認定された場合、12級に認定された場合をそれぞれ比較したものです。

損害賠償額計算例

ご覧いただいて分かるように、

・[認定されない]のと[14級と認定]された場合では、約186万円

・認定されても[14級]と[12級]とでは約500万円も違ってしまいます。

例えば、むち打ち症(頚椎捻挫)の場合、この14級と12級の違いは・・・

14級:局部に神経症状を残すもの
12級:局部に頑固な神経症状を残すもの

というものです。

後遺障害に認定されない場合はもちろん、軽い後遺障害と認定されると、本来受けることができるはずの賠償額を受けることができなくなってしまいます。

異議申し立てをする際には、実際の症状と認定内容を調べたうえで、その症状を立証するために検査を行なったり、別の資料を用意したりする必要があります。


異議申し立てをサポートします

交通事故専門の行政書士、安藤優介が異議申し立てをサポートいたします。
まずは、お気軽に無料相談をご利用ください。


交通事故専門の行政書士が無料でお答えします

 

Copyright (C)2013 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved