交通事故発生から解決まで(人身事故)

この度の交通事故につきましては、心よりお見舞い申し上げます。
くれぐれもお大事になさってください。

交通事故発生から解決まで、一般的な流れ

交通事故発生から解決まで、一般的な流れをご説明します。
流れをご理解いただければ、ご不安がすこし軽くなるのではないかと思います。
ご参考までにご覧ください。

交通事故発生から解決まで(人身事故)


人身事故の際の注意点

  • 警察には必ず「人身事故」として届け出てください。
    また、事故状況を確認したり、ご自身の任意保険会社・保険代理店に事故の報告もお こないましょう。

  • (たいしたことがなくても、お医者さまの診察は受けましょう。)通常、加害者の任意保険会社が、治療費を負担してくれます。
    しかし、このような治療には限りがあります(おおよそ6ヶ月から1年程度)。
    お医者さまとよく相談して、事故当初から積極的に治療を受けて、早期の回復を目指 しましょう。

  • 「症状固定」とは、おおむね6ヶ月以上治療をおこなうも、症状が一進一退となり、変化もなくなり、症状の回復・改善が期待できなくなった状態をいいます。 後遺症を残して治療を終えることになります。

  • 原則、自賠責保険における後遺障害に認定されないと、後遺症部分の損害賠償は請求できません。
    後遺障害の申請手続きは、「自賠責保険被害者請求」をおすすめします。 (お気軽にご相談ください。)
    また、加害者の任意保険会社の手続きにて、後遺障害が認定された場合(「事前認定」といいます)、自賠責保険会社に対して、被害者請求をすることによって自賠責保険金(後遺障害分)を先に受け取ることができます。

  • 通常、加害者の任意保険会社より、損害賠償額の提示を受けることになります。 現状をきちんと把握したうえで、損害賠償額を確認して、請求していきましょう。 (お気軽にご相談ください。)

行政書士 安藤優介からのアドバイス

  • 整形外科などによる適切な治療をおすすめします。 また、お医者さまとは良好な関係を保ちましょう。

  • ご自身の自動車保険などから保険金が支払われないか、確認してみましょう。(例えば搭乗者傷害保険(医療保険金・後遺障害保険金)、人身傷害補償保険、弁護士費用等特約など)

  • 加害者の任意保険会社といえども、少なくても治療期間中は、良好な関係を保った方がよいでしょう。(関係が悪くなると、治療費の支払いを打ち切られてしまうことがあるためです。)

交通事故専門の行政書士が無料でお答えします

 

Copyright (C)2013 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved