解決事例

Iさまの場合:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺症)

Iさま(男性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
事故後、通院やお体の違和感、さらには交渉事への不安などが重なり、とてもストレスとなり悪循環に陥っていらっしゃったそうです。治療を受けていたお医者さまに相談したところ、当事務所を紹介されて、ご来所いただきました。
症状固定後、当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、併合14級に認定。その後、当事務所の顧問弁護士に引き継ぎまして、無事に解決することができました。
Iさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺症)

Kさま(女性)は、自動車に同乗中、交差点の中で右折待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
事故から3ヶ月が経過したところで、任意保険会社の対応に疑問を感じるようになり、不安で押しつぶされそうになられたそうです。
当事務所で必要なアドバイスをさしあげ、症状固定後には当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないました。結果として併合14級に認定され、これにより支払われた自賠責保険金75万円で弁護士に対応をお願いして、円満に解決することができました。
Kさまのお声はこちら

 

Sさまご夫妻の場合:後遺障害14級(頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺症)

Sさまご夫妻はご入籍直後、大型バイクで停止していた際に、自動車に追突される事故に遭われました。
保険会社への対応にお困りだったところ、たまたま整形外科さまで見つけた当事務所のパンフレットをご覧になりお越しになったそうです。
当事務所で治療中から必要なアドバイスをさしあげました。また症状固定後、当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、ご夫婦ともに後遺障害14級に認定。その後は(財)交通事故紛争処理センターにおいて無事に解決することができました 。
Sさまのお声はこちら

 

Sさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎捻挫の後遺症)

Sさま(男性)は、事業用自動車を運転中、左側より飛び出してきた加害車両と衝突する事故に遭われました。
治療終了後、ご自身で加害者の自賠責保険会社に後遺障害の申請を行なうも「非該当」として認められず、これからどうすればよいか?悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てを行ないまして、14級9号に認定。その後、加害者の任意保険会社と円満に解決することができました。
Sさまのお声はこちら

 

Sさまの場合:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・左下腿挫傷の後遺症)

Sさま(女性)は、スクーターで信号待ちをしていた際に、自動車に追突される事故に遭われました。
約7ヶ月間、治療を続けるも症状は良くならず、保険会社から打ち切りと示談を迫られていました。また法律事務所に相談するも、きちんと対応してもらえなかったそうです。
症状固定後、当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、併合14級に認定。その後、(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Sさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺症)

Kさま(女性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちの際に加害車に追突される事故に遭われました。
事故後5ヶ月程度で治療費の支払いを打ち切られたため、Kさまは、これからどうすれば良いのか?わからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で治療継続などをアドバイスさしあげました。また自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、併合14級に認定。その後、当事務所の顧問弁護士に引き継ぎ、保険会社と示談が成立しました。
Kさまのお声はこちら

 

Aさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎捻挫・背部打撲の後遺症)

Aさま(男性)は、スクーターを運転中、信号待ちをしていた際に追突事故に遭われました。
加害者の任意保険会社にて後遺障害の申請・異議申し立てをするも「非該当」として認められず、これからどうすればよいか?悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害再異議申し立てを行ないまして、14級9号に認定。その後、引き継ぎ資料をまとめたうえで、当事務所の顧問弁護士に対応を依頼し、保険会社と円満に解決することができました。
Aさまのお声はこちら

 

Tさまの場合:後遺障害併合14級(鞭打ち・腰痛・右膝の後遺症)

Tさま(男性)は、スクーターを運転中、左折しようとした加害車両に巻き込まれる事故に遭われました。
事故後6ヶ月が経過するも症状が残っていたため、Tさまは、今後どうすればよいか悩んでいらっしゃいました。
症状固定後、当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、併合14級が認定されました。また、保険会社との良好な関係にて、円満に解決することができました。
Tさまのお声はこちら

 

Aさまの場合:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎捻挫後の後遺症)

Aさま(男性)は、首都高速にて自動車を運転中、加害者である大型トレーラーに衝突される事故に遭われました。
事故により体中が痛く、地元の病院・接骨院にて治療中に、無理を押して当事務所へご相談にお越しいただきました。
当事務所で継続的なご相談をお受けして、症状固定後、自賠責保険に後遺障害の申請を行ないました。結果として併合14級に認定され、現在、当事務所の顧問弁護士に引き継ぐように準備をしています。
Aさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害併合14級(耳鳴り、左足骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、道路を横断中、加害車に衝突される事故に遭われました。
交通事故により体中が痛く、また今後どうすればいいか?途方に暮れていらっしゃいました。
当事務所で継続的なご相談をお受けして、症状固定後、自賠責保険に後遺障害の申請を行ないました。結果として併合14級に認定され、現在、(財)交通事故紛争処理センターにて話し合いをされていらっしゃいます。
Kさまのお声はこちら

 

Aさまの場合:後遺障害14級9号(腰椎横突起骨折の後遺症)

Aさま(男性)は、自動二輪車を運転中、突然動き出した加害車両に衝突される事故に遭われました。
10ヶ月間におよぶ治療後、腰痛などで後遺障害14級が認められましたが、今後の対応について不安をお持ちでいらっしゃいました。
当事務所で書類一式を取り寄せまして、後遺障害について精査を行ないました。その後、引き継ぎ資料をまとめたうえで、当事務所の顧問弁護士に対応を依頼し、保険会社と円満に解決することができました。
Aさまのお声はこちら

 

Oさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Oさま(女性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
事故後、症状が思うように良くならず、お世話になった法律事務所に相談に行かれました。そこで当事務所を紹介されて、ご来所いただきました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、14級9号に認定。その後、弁護士による対応で、無事に解決することができました。
Oさまのお声はこちら

 

Yさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎捻挫の後遺症)

Yさま(女性)は、自動車を運転中、直進専用道路から強引に左折してきた加害車に衝突される事故に遭われました。
その後、頭痛、右腕のしびれなどで後遺障害14級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、「とても納得出来る内容ではなかった。」とのことで、ご主人と一緒に悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に75万円の支払いを受けました。
また、当事務所が懇意にしている弁護士に対応をお願いして、円満に解決することができました。
Yさまのお声はこちら

 

Oさまの場合:後遺障害14級9号(ムチウチの後遺症)

Oさま(女性)は、自転車で横断歩道を横断中、一時停止を無視した加害車に衝突される事故に遭われました。
加害車の保険会社は事故後4ヶ月程度で治療を打ち切ったため、Oさまは、今後どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で健康保険を使ってでも治療を続けるようにアドバイスさしあげました。
その後、自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、14級9号に認定。現在は懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Oさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害12級13号(右手首骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、自転車でツーリングをしている際、加害車に衝突される事故に遭われました。
右手首などに運動制限や痛みを残して治療が終わったものの、後遺障害が何も認められませんでした。Kさまは、ご自宅から近いこともあり、当事務所に相談にお越しになりました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てを行ないまして、12級13号に認定。今後の対応について現在、一緒に検討しています。
Kさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害12級5号(左肩の変形障害)

Kさま(男性)は、自転車で信号機のある自転車横断帯を走行中、加害車に衝突される事故に遭われました。
左肩の変形による後遺症で後遺障害12級に認定され、加害者の保険会社から示談金の提示を受けましたが、納得いかなかった一方で、どうすればよいのかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に224万円の支払いを受けました。こちらを弁護士費用に充てることで、当事務所の顧問弁護士に対応を引き継ぎました。
Kさまのお声はこちら

 

Nさまの場合:後遺障害14級9号(頚部捻挫の後遺症)

Nさま(男性)は、自動二輪車を運転中、渋滞で停止している際に、自動車に追突される事故に遭われました。
任意保険会社には休業損害や治療費の支払いを打ち切られ、また14級の後遺症が認められたにもかかわらず、低い賠償金しか提示されませんでした。紛争処理センターを利用しようと考えたものの、どうすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に75万円の支払いを受けました。気持ちに余裕を持っていただいたうえで、引き続き当事務所で書類作成・サポートを行ない、紛争処理センターにて円満に解決することができました。
Nさまのお声はこちら

 

Sさまの場合:後遺障害14級9号(頸椎捻挫の後遺症)

Sさま(男性)は、会社の同僚が運転している自動車に同乗中、事故に遭われました。
約14ヶ月間、治療を続けるも症状は良くならず、また後遺障害も認められませんでした。Sさまは当初、時間と手間を考えると、後遺障害は諦めていらっしゃいました。
当事務所で後遺障害異議申立書の作成、資料取りまとめなどを行ないまして、14級9号に認定。保険会社とも円満に解決することができました。
Sさまのお声はこちら

 

Wさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎捻挫の後遺症)

Wさま(男性)は、自動車を運転中、横断歩道の手前で一時停止した際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社は事故後3ヶ月しか対応してくれなかったため、健康保険で治療を続けたものの、思うように良くなりませんでした。
Wさまは、この後どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、14級9号に認定。今後、懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
Wさまのお声はこちら

 

Yさまの場合:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎打撲の後遺症)

Yさま(男性)は、駐車場内に停まっていた自動車に搭乗中、加害車に衝突される事故に遭われました。
初めての交通事故であったため、誰に相談していいか?今後どうすればいいか?悩んでいらっしゃいました。
当事務所で継続的なご相談をお受けして、症状固定後、自賠責保険に後遺障害の申請を行ないました。結果として併合14級に認定され、今後は懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
Yさまのお声はこちら

 

Uさまの場合:後遺障害併合14級(左肩痛・左膝痛の後遺症)

Nさまは、自転車で帰宅中、加害車両に衝突される事故に遭われました。
股関節挫傷による後遺症で後遺障害14級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、金額に納得できなかったとのことです。「どうしようか?」と悩んでいたところ、ご友人の紹介で当事務所に相談にいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に75万円の支払いを受けました。こちらを元手にして、当事務所の顧問弁護士に対応をお願いして、円満に解決することができました。
Nさまのお声はこちら

 

Uさまの場合:後遺障害併合14級(左肩痛・左膝痛の後遺症)

Uさま(男性)は、自動車にて雪道を運転中、スリップした加害車に衝突される事故に遭われました。
左肩・左膝に痛みを残して治療が終わったものの、後遺障害が認められなかったため、Uさまは、残った後遺症をどうすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てを行ないまして、併合14級に認定。今後、懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
Uさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害非該当(むち打ち・腰椎捻挫)

Kさま(男性)は、仕事中、自動車を運転していた際に、追突事故に遭われました。
事故後6ヶ月で、保険会社が治療費の支払いを打ち切ったため、「これからどうしようか・・・?」と悩んでいらっしゃいました。
当事務所のサポートのもと、自費による治療を継続し、症状固定後、自賠責保険会社からこの治療費の回収を行ないました。また、後遺障害こそ認められませんでしたが、当事務所で損害賠償額計算書の作成、資料取りまとめなどを行なった結果、円満に解決することができました。
Kさまのお声はこちら

 

Wさまの場合:後遺障害12級13号(半月板損傷の後遺症)

Wさま(男性)は、バイクを運転していた際に、強引に割り込んできたバイクに衝突する事故に遭われました。
保険会社が治療費の支払いを打ち切るなどしたため、後遺障害認定後、一人で対応するのは難しいとお考えになられました。
当事務所で病院関係の資料を集め、書類作成、サポートのもと、円満に解決することができました。
Wさまのお声はこちら

 

Hさまの場合:後遺障害14級9号(めまいの後遺症)

Hさまは、自転車で走行中、出会い頭に加害者の自動車に衝突される事故に遭われました。
その後、めまいで後遺障害14級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、「この金額で示談してしまって大丈夫なの?」と一人で悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の支払請求をおこないまして、先に75万円を手に入れました。また、当事務所が懇意にしている弁護士に対応をお願いして、円満に解決することができました。
Hさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Kさま(男性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
事故から半年が経過したところで、任意保険会社より「治療打ち切り」との話になりまして、「今後どのように進めていけばよいのか?」悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、14級9号に認定。今後、懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
Kさまのお声はこちら

 

Iさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Iさまは、奥さまと自動車に同乗中、一時停止無視の加害者に衝突される事故に遭われました。幸いにもIさまにおケガはありませんでしたが、奥さまはむち打ち、味覚・嗅覚障害となられました。
その後、奥さまは後遺障害併合14級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、ご夫妻で「このまま保険会社の提示で終わってしまうのか・・・。」と悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の支払請求をおこないまして、先に75万円を手に入れました。また、Iさまの自動車保険に弁護士費用等特約が付いていることも確認し、現在、当事務所が懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Iさまのお声はこちら

 

Iさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Iさま(男性)は、ビッグスクーターを運転中、加害車に衝突される事故に遭われました。
治療終了後、任意保険会社は弁護士を立てて、治療費や休業損害の支払いを拒み、さらに後遺障害は「非該当」と回答してきました。
Iさまは、残った後遺症をどのようにすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てをおこないまして、14級9号に認定。今後、懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
Iさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、勤務先の上司が運転している自動車に同乗中、事故に遭われました。
後遺障害が認定されず、また、任意保険会社の提示額も非常に少なかったため、後遺症を含めて、今後どのようにすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てをおこないまして、14級9号に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Kさまのお声はこちら

 

Hさまの場合:後遺障害14級9号(むちうちの後遺症)

Hさま(男性)は、深夜、タクシーに乗車していたところ、交差点で衝突事故に遭われました。
治療を続けたものの、症状がよくなることはなく、「これからどうすればよいの?」と悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、14級9号に認定。
(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Hさまのお声はこちら

 

Bさまの場合:後遺障害併合14級(むちうち・腰椎捻挫の後遺症)

Bさま(男性)は、自動車を運転中、交差点で停止していた際に、追突事故に遭われました。
約半年間、通院しても身体の突っ張り、痛み、違和感が治ることはなく、今後の対応や不安、多くの疑問点を抱えていらっしゃいました。
当事務所のサポートのもと、自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、併合14級に認定。
現在、(財)交通事故紛争処理センターでの話し合いにむけて準備をしています。
Bさまのお声はこちら

 

Iさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Iさま(男性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社は半年で治療費の支払いを打ち切ったため、どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、14級9号に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Iさまのお声はこちら

 

Uさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Uさま(男性)は、オートバイを運転中、加害者の信号無視による衝突事故に遭われました。
加害者の保険会社とは話がかみ合わず、対応に行き詰まり、「(保険会社相手に)自分には無理かも・・・。」と悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、14級9号に認定。
現在は、懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Uさまのお声はこちら

 

Cさまの場合:後遺障害併合14級(むちうち・腰椎捻挫の後遺症)

Cさま(男性)は、自動車を運転中、センターラインをオーバーした加害車に衝突される事故に遭われました。
加害者の任意保険会社が後遺障害の申請、異議申し立てをおこなうも、「非該当」として認定されず、後遺症をかかえて今後どのようにすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で後遺障害再異議申し立て、紛争処理機構への申請をおこないまして、併合14級に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Cさまのお声はこちら

 

Oさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Oさま(男性)は、自動車を運転中、交差点で左折しようとしていた際に、加害車に衝突される事故に遭われました。
任意保険会社のすすめで後遺障害の申請をおこないましたが、「非該当」として認定されず、残った後遺症をどのようにすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てをおこないまして、14級9号に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Oさまのお声はこちら

 

Nさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Nさま(男性)は、自動車を運転中、無免許運転の加害車に衝突される事故に遭われました。
任意保険会社が治療費の支払いを打ち切ったため、やむをえず後遺障害の申請をおこないましたが、「非該当」として認定されず、今後どうすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てをおこないまして、14級9号に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Nさまのお声はこちら

 

Aさまの場合:後遺障害14級9号(腰椎捻挫の後遺症)

Aさま(女性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社は半年もしないうちに治療費の支払いを打ち切り、しかも弁護士を立ててきました。
当事務所で治療の継続をアドバイスし、半年後、自賠責保険に後遺障害の申請をおこないました。結果として14級9号に認定され、今後、円満に解決するための対応を検討しています。
Aさまのお声はこちら

 

Wさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Wさま(男性)は、スクーターで走行中、これを追い抜こうとした自動車がスクーターに接触し、転倒する事故に遭われました。
任意保険会社は半年で治療費の支払いを打ち切ってきましたが、当事務所が、医師面談などを経て、自賠責保険に後遺障害の申請をおこないました。
後日、後遺障害14級9号に認定され、現在は懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Wさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害併合11級(骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、オートバイを運転中、転回禁止場所を強引に転回してきた加害者に衝突されました。
後遺障害併合11級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、今後どうすればよいのか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の支払請求をおこないまして、先に331万円を手に入れました。
現在、その一部を弁護士費用の着手金にして、当事務所が懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Kさまのお声はこちら

 

Yさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Yさまは、お子様を乗せて自動車を運転していた際に、追突事故に遭われました。
加害者の任意保険会社は最終的に弁護士を立ててきましたが、当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Yさまのお声はこちら

 

Kさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Kさま(女性)は、自動車で丁字路を右折しようとした際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社の担当者の態度、提示額に疑問を感じ、直接、話し合うのでは解決が難しいとお考えになられました。
当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Kさまのお声はこちら

 

Nさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Nさま(男性)は、お仕事で自動車を運転していた際に、玉突き事故の被害に遭われました。
任意保険会社の提示額は低く、納得できなかったものの、どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Nさまのお声はこちら

 

Wさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Wさま(女性)は、ご主人運転の自動車に同乗していた際に、追突事故に遭われました。
後遺障害14級9号認定後、ご主人と「(悔いが残らないように)もう少し頑張ってみよう!」と相談されて、当事務所にご依頼いただきました。
当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Wさまのお声はこちら

 

Aさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Aさま(男性)は、自動二輪車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、スクーターに追突されました。
任意保険会社の提示額は明らかに出し渋ったもので、また、担当者は計算根拠も教えてくれなかったそうです。このため、直接、話し合うのでは解決が難しいとお考えになられました。
当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Aさまのお声はこちら

 

交通事故専門の行政書士が無料でお答えします

 

Copyright (C)2013 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved