自賠責保険の被害者請求

自賠責保険とは

正式には「自動車損害賠償責任保険」と言い、「自動車損害賠償保障法(自賠法)」にもとづき、自動車による人身事故の被害者を救済するために、ほぼすべての自動車について契約することが義務付けられている保険です。いわゆる「強制保険」と言われているものです。

この保険は、加害者が自動車の運転によって、被害者の方を死傷させた場合に補償する賠償責任保険です。

被害者保護の観点から保障制度的な要素が強く、また、多くの請求を迅速かつ公平に処理する必要性もあるため、支払基準について定型化・定額化されています。

自賠責保険の特色や支払基準については、損害保険料率算出機構のホームページをご参照ください。


被害者請求のメリット

自賠責保険 被害者請求のメリット

被害者は自賠責保険に対して、被害者請求をすることで、自賠責保険金を先取りすることができます。

まとまったお金を手にすることで、経済的な安心も生まれ、今後の治療費や弁護士に依頼する場合の費用も捻出できるようになります。

自賠責の被害者請求で経済的な安心も生まれます

被害者請求は交渉不要で、任意保険の示談交渉のような面倒さはありません。

さらに自賠責保険には、過失相殺という考え方はなく、被害者側の過失が7割以上の場合のみ「重過失減額」があるだけです。

ですから、被害者の過失が大きい場合でも、自賠責保険に請求したほうが損害賠償額が高額になる事も考えられます。

また、早期にある程度まとまったお金を得ることができるため、弁護士費用を抑えられる、後で訴訟する場合には、その訴額が低くなり、裁判所に納付する印紙額が安くてすむ、ということもあります。


自賠責・任意の一括払いとは

加害者が自賠責保険と任意保険(対人賠償保険)に加入している場合、被害者が両方の保険に請求する手間をはぶくため、任意保険会社が自賠責保険の部分も含めて(立て替えて)、一括して被害者に賠償金を支払うことがあります。
これを「一括払い」と呼んでいます。

自賠責保険・任意保険の一括払い説明図

加害者が任意保険に加入している場合には、ほとんどが「一括払い」で処理されています。

「一括払い」は、任意保険会社が事故当初から治療費を立て替えてくれるなど手間が掛からないというメリットがあります。しかし示談を含めて任意保険会社の承諾を得ない限り、賠償金を受け取ることができないというデメリットもあります。

被害者みずからが、加害者の自賠責保険に保険金の支払いを請求し(被害者請求)、その後、自賠責保険ではまかないきれない賠償金を任意保険会社に請求する「非一括」という方法もあります。

例えば、最初は「一括払い」で治療費などの支払いを受けるも、その後、後遺障害は自賠責保険に被害者請求を行なう、あるいは後遺障害認定後、被害者請求にて自賠責保険金だけを先に受け取り、まかないきれない部分を任意保険会社に請求するという方法も考えられます。

交通事故専門の行政書士が無料でお答えします

 

Copyright (C)2013 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved