後遺障害が認定された方へ

お客様インタビュー

川崎市の西彩香さま

相模原市の植木大輔さま

横浜市の市川仁志さま

横浜市の岩室誉一さま

バイク事故による大怪我、過失割合の問題から相手の保険会社に治療費の支払いを拒絶されてお困りだった横浜市南区の杉田 泰之(すぎた やすゆき|仮名)さま

お客様からいただいたお手紙

「後遺障害14級9号」「頚椎、腰椎併合」が認定されました。

相手方の任意保険会社と示談をしなくても、自賠責保険から後遺障害保険金を先にもらうことができます

後遺障害等級認定後の流れ

後遺障害認定後の流れ

 

後遺障害認定後の保険会社との示談交渉について

後遺障害が認定されますと、通常、加害者の任意保険会社が損害賠償額を見積もった計算書が送られてきます。

すぐに話し合いをしたほうがよいのか、それともじっくり対応したほうが良いのか、迷われる方も多くいらっしゃいます。

とはいっても、じっくり対応するためには、経済的な不安がある方もいらっしゃると思います。

しかも、ケガで休職中のような場合には、大変困ってしまいます。

そんな方におすすめしたいのが、加害者の自賠責保険に対する「被害者請求」です。

 

自賠責保険の被害者請求

被害者は自賠責保険に対して、被害者請求をすることで、自賠責保険金(後遺障害分)を先取りすることができます。

自賠責保険 被害者請求のメリット


被害者請求は交渉不要で、任意保険の示談交渉のような面倒さはありません。

申請すると1ヶ月程度で支払われる場合がほとんどです。

まとまったお金を手にすることで経済的な安心も生まれ、今後の治療費や弁護士を依頼する場合の費用も捻出できるようになります。

Kさまの場合:後遺障害併合11級(骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、オートバイを運転中、転回禁止場所を強引に転回してきた加害者に衝突されました。
後遺障害併合11級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、今後どうすればよいのか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の支払請求をおこないまして、先に331万円を手に入れました。
現在、その一部を弁護士費用の着手金にして、当事務所が懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Kさまのお声はこちら

Nさまの場合:後遺障害14級9号(股関節挫傷の後遺症)

Nさまは、自転車で帰宅中、加害車両に衝突される事故に遭われました。
股関節挫傷による後遺症で後遺障害14級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、金額に納得できなかったとのことです。「どうしようか?」と悩んでいたところ、ご友人の紹介で当事務所に相談にいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に75万円の支払いを受けました。こちらを元手にして、当事務所の顧問弁護士に対応をお願いして、円満に解決することができました。
Nさまのお声はこちら

Hさまの場合:後遺障害14級9号(めまいの後遺症)

Hさまは、自転車で走行中、出会い頭に加害者の自動車に衝突される事故に遭われました。
その後、めまいで後遺障害14級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、「この金額で示談してしまって大丈夫なの?」と一人で悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の支払請求をおこないまして、先に75万円を手に入れました。また、当事務所が懇意にしている弁護士に対応をお願いして、円満に解決することができました。
Hさまのお声はこちら

Kさまの場合:後遺障害12級5号(左肩の変形障害)

Kさま(男性)は、自転車で信号機のある自転車横断帯を走行中、加害車に衝突される事故に遭われました。
左肩の変形による後遺症で後遺障害12級に認定され、加害者の保険会社から示談金の提示を受けましたが、納得いかなかった一方で、どうすればよいのかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に224万円の支払いを受けました。こちらを弁護士費用に充てることで、当事務所の顧問弁護士に対応を引き継ぎました。
Kさまのお声はこちら

被害者請求の詳細

 

保険会社から提示された金額は、本当に正当?

保険会社から提示された金額は、本当に正当なものなの?
きっと一番疑問に思われることかと思います。

保険会社も「会社」である以上、利益を求めなければなりません。
そのため、どうしても低めの算定額になってしまいます。

例えば後遺障害14級の場合でも、弁護士が裁判の際に参考とする基準(いわゆる「弁護士基準」)で積算すると、保険会社の提示額とは100万円以上も違ってくることも珍しくありません。

正当な賠償額を得るために

 

認定結果の異議申し立て

後遺障害申請手続きをしても認定されなかった場合、または認定された等級に不服がある場合には、後遺障害の異議申し立てをすることができます。

後遺障害等級によって、賠償額は大きく違ってきます。

認定されない、または軽い後遺障害と認定されると本来受けることができるはずの賠償額を受けることができなくなってしまいます。

当事務所では、交通事故紛争処理センターの利用や弁護士への引き継ぎなども含めて、円満な解決へ導きます。

認定結果の異議申し立て

 

交通事故専門の行政書士 安藤 優介からのメッセージ

後遺障害のスペシャリストです

あんしん財団の広報誌でも紹介されました

 

行政書士の安藤優介です。
当事務所のHPをご覧いただき、ありがとうございます。

後遺障害が認定されなかった方、または認定されたけど、これからどうすればよいのかわからないとお悩みの方、さらに保険会社の提示金額が正しいのかどうかお悩みの方、初回ご相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

行政書士 安藤優介

 

交通事故専門の行政書士が無料でお答えします

 

Copyright (C)2013 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved